fc2ブログ
荒川こども将棋教室
小学生を対象にした将棋教室の日記です
「荒川区こども将棋大会」放映(ネットで視聴できます)
6月26日に開催致しました「第11回荒川区長杯荒川区こども将棋大会」の模様が7
月11日より荒川ケーブルテレビのweeklynewsで放映されました。
第11回荒川区こども将棋大会6-2
荒川区のホームページ内の荒川区制作広報番組(ケーブルテレビ)
にあるWeeklyNewsの第1497回7月11日から7月17日放映でネットで視聴することが出来ます。
荒川区こども将棋大会15-2
来年度は6月25日(日)に開催致します。
スポンサーサイト



「第11回荒川区長杯荒川区こども将棋大会」写真集2
6月26日(日)に開催いたしました「第11回荒川区長杯荒川区こども将棋大会」の模様をご紹介いたします。

小ホール後方3行は高学年の部の対局。
荒川区こども将棋大会11-2
前方5行は小学年の部の対局です。
荒川区こども将棋大会8-2
4階集会室はおぼえたて大会。

おぼえたて大会では勝つと手合いカードにライオンスタンプ(3点)負けるとひよこスタンプ(1点)で総得点で順位を決めます。
荒川区こども将棋大会15-2
表彰式

高学年の部と低学年の部は優勝、準優勝には盾と賞状と賞品。
3-5位には賞品、おぼえたて大会は優勝と準優勝に賞状と賞品
3-5位には賞品が授与されます。
第11回荒川区こども将棋大会5-2

荒川区こども将棋大会12-2
閉会式の後、大会の成績優秀者(1-3位)は佐藤康光9段と指導対局です。
荒川区こども将棋大会16-2
高学年の部の参加者で抽選に当選した3名は渡辺6段と指導対局。
荒川区こども将棋大会13-2
低学年の部の当選者は石田5段と指導対局。
荒川区こども将棋大会14-2
大会の模様は荒川ケーブルテレビの区の番組内で7月11日より放映予定です。

来年度は6月25日(日)に開催致します。
「第11回荒川区長杯荒川区こども将棋大会」写真集1
6月26日(日)に開催いたしました「第11回荒川区長杯荒川区こども将棋大会」の模様をご紹介いたします。
本年度の会場はサンパール荒川小ホール(高学年の部、低学年の部)と4階集会室(おぼえたて大会)です。
受け付けは3階の小ホール前のロビーです。
荒川区こども将棋大会7-2
今年度は134名(高学年の部43名、低学年の部53名、おぼえたて大会38名)が参加です。
第11回荒川区こども将棋大会6-2
午後1時より開会式が始まります。
荒川区こども将棋大会17-2
開会式 西川太一郎荒川区長のご挨拶
第11回荒川区こども将棋大会1-2
日本将棋連盟 佐藤康光会長のご挨拶
第11回荒川区こども将棋大会2-2
1回戦が開始されました。
荒川区こども将棋大会9-2
4階集会室では「おぼえたて大会」。こちらは小学1-2年生限定です。
荒川区こども将棋大会10-2
「第11回荒川区長杯荒川区こども将棋大会」結果
6月26日(日)にサンパール荒川小ホールで開催いたしました、
「第11回荒川区長杯荒川区こども将棋大会」の結果をお知らせいたします。
第11回荒川区こども将棋大会6-2

大会高学年の部43名、低学年の部53名 おぼえたて大会38名の小学生が参加しました。

開会式 西川太一郎区長のご挨拶
第11回荒川区こども将棋大会1-2

日本将棋連盟 佐藤康光会長のご挨拶
第11回荒川区こども将棋大会2-2

将棋大会は対局数は無制限で、時間内に何局でも指すことができます。
順位は勝率で決めます、最低対局数を7局にしましたが、参加者全員7局以上対局しました。

同率の場合は勝ち数の多い方が上位です、勝ち星も同数の場合は連勝数が多い方が上位です。

第11回荒川区長杯荒川区こども将棋大会

高学年の部(4-6年生)
優勝 細井俊輔 (10-0)ひぐらし小
第11回荒川区こども将棋大会5-2

準優勝 古市泰文(6-1) 2峡田小

3位  楊順輝 (6-1)金曾木小
4位  控井洋(7-2)半田小
5位  高橋尚也(10-3) 小梅小

低学年の部(1-3年生)
優勝 伊藤修哉 (9-0)3瑞光
第11回荒川区こども将棋大会4-2

準優勝 原奏大郎 (13-1)汐見小
3位  深町京史 (12-1)中青戸小
4位  大槻竜ノ介 (9-1)大門小
5位  阿部朔也(7-1)根岸小

おぼえたて大会
優勝  石山桐  瑞光小
準優勝 越前昊士 3瑞光小

3位 鈴木陽眞 赤土小
4位 戸澤寿 3瑞光小
5位 須賀陽一 3瑞光小


「第11回荒川区こども将棋大会」大会ルール
6月26日(日)にサンパール荒川小ホールで開催いたします「第11回荒川区長杯荒川区こども将棋大会」高学年の部、低学年の部の大会ルールをお知らせいたします。

大会参加に応募した小学生は169名でした(その内46名はおぼえたて大会へ参加)。高学年の部48名、低学年の部75名です。
第8回荒川区こども将棋大会4-2
「第11回荒川区こども将棋大会」大会ルール
1.持ち時間 なし
2.平手戦 振り駒の振る人は、対局者同士で決める。

3.自由対局 時間内なら何局でも指せます。
大会順位決定法方(最低対局数7局)
①    勝率の順位
②    勝数の多い順
③    連勝数の多い順

④    同率順位者同士の対戦結果
⑤    対戦相手の勝ち星の多い方
⑥    対戦相手の平均勝率の高い方

5.時間内に最高勝率上位2名に盾と表彰状、1-5位に賞品があります。
1-3位は大会終了後佐藤康光9段の指導対局を受けられます。
第8回荒川区こども将棋大会12-2
6.反則禁じ手は、原則として日本将棋連盟の規定を適用する。

ただし厳格なルール適用は避け、反則に気付いた場合は可能な限り
反則前の局面戻して指し継ぐ、反則前の局面に戻せないときは
反則者の負けとする。

反則に気が付かなかった場合は終局結果により勝者を決定する。
7.持ち時間はありませんが進行を妨げる長考は審判が注意します。

8.待ったはできません。

9.千日手、持将棋は先後を入れ替えて指し直しをします。
10. 大会の終了時間がきたら判定で勝負を決めます。

 大会審判長は佐藤康光9段です。